腰痛はその対策が大切

 

腰痛はなってからでは遅すぎます。いかに腰痛にならない体をつくるか,あるいは防止することが大切になります。

 

【腰痛の原因】

腰痛の原因は様々でしょうが,なりやすい人やなりやすい生活をしている人はいますよね。
立ったままの人の方がたいへんそうに見えますが,実は座りっぱなしの人の方が要注意なんだそうです。車の運転に関わる仕事,運動業やタクシードライバーの方,座ったままでの仕事,特にパソコン関係での業務の多い事務系の方などです。

 

同じ姿勢で,長時間机に座り続けることで腰痛になりやすくなります。姿勢が悪い方も腰痛になりやすいのですが,何といっても長い時間同じ姿勢で座っていることが問題なのです。いくら姿勢をよくしていても,長い時間座り続けていると,同じ筋肉や同じ骨,同じ関節に負担がかかることは明らかです。

 

人間の体には椎間板などでそれを防ぐ力もありますが,やはり長時間となるとそのバランスも崩れ,腰痛になってしまいます。負担のかかった筋肉が硬くなり,固まってしまうのです。同時に筋力も低下していきます。少しぐらいならと思と思いますが,年齢が上がればその回復力も低下していきます。

 

知らず知らずのうちに,筋肉の疲労が体に蓄積されていくということになります。そしてある日突然何かをきっかけにその蓄積が一気に腰痛となって表れてしまいんす。いわゆる蓄積型の腰痛と言われるものです。同じ姿勢での仕事をされている,年齢の高い方によく見られます。

 

重いものを持った時にも一気に腰痛になってしまいます。段差のある所を荷物を運んだり,重いものを持ち上げたりおろしたり,短時間に急激に負荷をかけたりといった場合です。重いものを持ち上げるときはどうしても腰に負担が行くのですが,膝でコントロールもできます。

 

しっかり腰を落として,持ち上げるときは膝をしっかり伸ばして持ち上げるようにしないと,腰だけに負担がかかってしまい,うっという痛みからぎっくり腰になったりする場合が多いです。また,運ぶ時に体をひねった状態で行うのもよくありません。

 

きちんと正面を向いて,腰に負担のかからない姿勢での作業が大切になります。また,重いものを持たないかもしれませんが女性も気を付けなければなりません。特に主婦の方は注意しましょう。

 

主婦の方の行う家事作業は腰に負担のかかる姿勢で,しかも長い時間続きます。腰痛になりやすい仕事だといえます。

 

【腰痛対策】

腰痛を予防するには筋肉をしっかり伸ばす,ストレッチが重要です。仕事の合間の短時間や,自宅でのしっかりとしたストレッチなど自分のライフスタイルに合ったものを選択して継続して行っていきましょう。

 

しかし,無理をしてはいけません。痛みがあるのにやるのは本末転倒です。反動をつけたり無理に伸ばしたりというのもだめです。自分のペースで毎日継続的にできるものを行っていきましょう。職場で簡単にできるものとしては,例えば椅子に座って行うものがあります。

 

座ったままから,状態を前に倒していくものです。息をゆっくり吐きながら行います。脚を組んだり,抱えたりする形でやるとさらに効果的でしょう。また,腰をしっかり回したりするのもよいです。

 

自宅などで横になれるスペースがあれば,横になって軽い腹筋を行ったり,横になった姿勢から膝を立て,背中からお尻をあげる形をしっかりキープすることで効果が上がります。

 

また,横になった状態から膝を引き上げ胸につけるという動作も効果的です。引き上げた膝を左右に振り,同時に腰も回してみましょう。これはあくまで例ですので自分の体力や年齢,きつい部分に合ったストレッチを選んで実践してみましょう。